寮 美千子 × 姜 信子 × 中川五郎 × 末森英機 著
「言葉の胎児たちに向けて―同調から共感へ」


寮 美千子 × 姜 信子 × 中川五郎 × 末森英機 著
「言葉の胎児たちに向けて ― 同調から共感へ」
(ISBN978-4-900632-60-8 1800円+税)

* 直接、アドリブへご注文いただけます(ページ下部の ● ご注文方法 をご覧ください)。

* 以下のオンラインショップで購入できます。
  ・Amazon.co.jp http://www.amazon.co.jp/dp/4900632600/
  ・オンライン書店 e-hon http://www.e-hon.ne.jp
  ・紀伊國屋書店ウェブストア http://www.kinokuniya.co.jp
  ・セブンネットショッピング http://www.7netshopping.jp/books/

* 以下をはじめ、全国の書店でお求めいただけます(店頭にない場合には、書店にてご注文ください)。
  ・東京堂書店 神田神保町店
  ・書泉グランデ(神保町)
  ・三省堂書店 神保町本店
  ・紀伊國屋書店 新宿本店


言葉の胎児たちに向けて

近現代の闇を照らし、新たな関係のあり方を模索する。
見えないものに目を凝らし、言葉にならない声に耳を澄ます……。
そこから生まれるものとは?
福田村事件、部落差別、3.11、済州島4.3事件、少年刑務所詩集、原発、ハンセン病、アウシュビッツ……。
気鋭の4人が、近現代で起こった事件の深層に迫り、そこから浮かび上がってくる問題点を検証しながら、
人間の未来、新たな関係のあり方を探っていく座談会を収載。

<内容>
第1章 同調する風景
 『1923年福田村の虐殺』から考える/過ちを認めない人々/
 グレーゾーンのなかの思考停止──済州島の悲劇/廃仏毀釈、3・11の東京/
 人を貶めて自分を「高める」/他
【休憩時間にて──部落差別のこと、ハンセン病のこと】
第2章 歌の力
 震災復興応援ソング/歌をなくした被災者/言葉を吐き出させる「場」、詩の効用/他
第3章 共感へ
 受けとめることの大切さ──少年刑務所の中で/言葉の胎児たち──記憶の底に隠れているもの/
 歌が羨ましい/封印された記憶、封印できない記憶/「大丈夫」という神話/「共に感じる」とは?
座談会を終えて:寮美千子、姜信子、中川五郎、末森英機



● ご注文方法

下記の事項をメール( orders@ad-lib.co.jp ) または FAX( 03-3511-6056 )でお送りください。

  1. 「言葉の胎児たちに向けて」
  2. 注文冊数
  3. お名前
  4. 郵便番号
  5. 住所
  6. 電話番号

■ 配達方法

郵便(ゆうメール)でお届けいたします(送料は弊社負担)。

■ お支払い方法

商品到着から1週間以内に、以下の口座にご送金ください。

<金融機関からの振込の場合>
 ゆうちょ銀行 店名:〇一九店(ゼロイチキユウ店) 店番:019
 預金種目:当座 口座番号:0695762 口座名称:カ)アドリブ

<郵便局からの払込の場合>
 口座記号・番号:00100-6-695762 加入者名:カ)アドリブ

■ お届け日数

申込み受付後、3〜5日ほどでお届けいたします。

 


お問合せ

(株) アドリブ

〒102-0071
東京都千代田区富士見1-2-27 秀和九段富士見町ビル 1階

 電話:03-3511-6055(代表)
 FAX:03-3511-6056
 E-mail:orders@ad-lib.co.jp
 担当:森田、村上